web TRIPPER

季刊文芸誌「小説トリッパー」(3、6、9、12月発売)のweb版です。連載(小説やエッ…

web TRIPPER

季刊文芸誌「小説トリッパー」(3、6、9、12月発売)のweb版です。連載(小説やエッセイ)のほかに、朝日新聞出版発行の文芸ジャンルの単行本や文庫に関する書評やインタビュー、試し読みなども掲載していく予定です。本と出会えるサイトになればと思っています。

マガジン

  • 北尾トロ『佐伯泰英山脈登頂記』

    平成を大法する大ベストセラー作家・佐伯泰英。その膨大な著作をすべて読破してレポート。読者をひきつけてやまない魅力を全力で伝えます!

  • 麻見和史『殺意の輪郭 猟奇殺人捜査ファイル』

    都内で連続猟奇殺人事件発生! 警察小説の旗手・麻見和史さんによる、新シリーズ始動。

  • 朝日新聞出版の文芸書

    • 198本

    書評や文庫解説、インタビューや対談、試し読みなど、朝日新聞出版の文芸書にかかわる記事をすべてまとめています。

  • 年森瑛:連載エッセイ「バッド入っても腹は減る」

    パスタを茹でながら、キャベツを煮込みながら、一冊の本をじっくり読む――。いちばん読書がはかどるのはキッチンだ。いま再注目の新人作家による、おいしい読書日記連載スタート。毎月15日更新予定。

  • 川添愛:連載エッセイ「パンチラインの言語学」

    文学、映画、アニメ、漫画……でひときわ印象に残る「名台詞=パンチライン」。この台詞が心に引っかかる背景には、言語学的な理由があるのかもしれない。ひとつの台詞を引用し、そこに隠れた言語学的魅力を、気鋭の言語学者・川添愛氏が解説する連載がスタート! 毎月10日に配信予定。

記事一覧

固定された記事

web TRIPPERへ、ようこそ

はじめまして。 web TRIPPERにお運びいただき、ありがとうございます。 このサイトは、朝日…

web TRIPPER
2年前
47

北尾トロ『佐伯泰英山脈登頂記』第3回

第1峰『密命』其の弐 大筋、中筋、個別事件の3本柱で巻を重ねる  ここで佐伯作品の読みや…

web TRIPPER
3日前
10

麻見和史『殺意の輪郭 猟奇殺人捜査ファイル』第24回

4  この建物のどこかに負傷者がいる可能性があった。  いったいその人物の怪我はどれほど…

web TRIPPER
3日前
14

共感必須!松井玲奈さんが好きなことも苦手なこともすべて詰め込んだエッセイ集『私だ…

クリストファー・ロビンに従って  地方での撮影を終えてようやく自宅に戻ってきた。猫たちは…

「読んで書く生活、または火曜日の地獄」 斎藤美奈子さん『あなたの代わりに読みまし…

 子どものころ、私は読書感想文がわりと得意だった。相手のニーズ(教師が何を求めているか)…

麻見和史『殺意の輪郭 猟奇殺人捜査ファイル』第23回

 広瀬はうなずきながらメモを見ている。彼女にも状況の整理ができたらしい。  メモの一部を…

web TRIPPER
6日前
17

北尾トロ『佐伯泰英山脈登頂記』第2回

第1峰『密命』 すべてはここから始まった! 崖っぷちから放たれた、衝撃の時代小説デビュー…

web TRIPPER
10日前
14

麻見和史『殺意の輪郭 猟奇殺人捜査ファイル』第22回

 朝の捜査会議が終わると、刑事たちは次々と捜査に出かけていった。  尾崎と広瀬も深川署を…

web TRIPPER
10日前
20

全国主要書店で開催中! 朝日文庫「グランドフェア2024」ラインナップを紹介します

朝井リョウ『スター』 新人の登竜門となる映画祭でグランプリを受賞した尚吾と紘。二人は大学…

安部龍太郎著『生きて候』/文芸評論家・高橋敏夫氏による文庫解説を公開!

 安部龍太郎の物語世界には、なにかとてつもなく不穏なものが見え隠れする。  血なまぐさい…

年森瑛「バッド入っても腹は減る」第5回

 年度末の記憶がない。  ただでさえ職場の繁忙期だというのに確定申告も重なり、さらに医療…

web TRIPPER
13日前
16

麻見和史『殺意の輪郭 猟奇殺人捜査ファイル』第21回

 午後十一時四十五分。尾崎はマンションの敷地内にいた。  ごみ収集箱の陰に隠れて、静かに…

web TRIPPER
13日前
24

北尾トロ『佐伯泰英山脈登頂記』第1回

はじめに(佐伯泰英山脈をこれから登る人たちへ)  佐伯泰英。平成時代を代表するベストセ…

web TRIPPER
2週間前
16

麻見和史『殺意の輪郭 猟奇殺人捜査ファイル』第20回

5  聞き込みをする上で、対象者の顔写真はかなり重要だ。  だが現在、尾崎たちの手元に北…

web TRIPPER
2週間前
23

「あの鳥のこと、好きだったのかい?」(『機動戦士ガンダム』)――川添愛「パンチラ…

 今回はアニメ『機動戦士ガンダム』を取り上げる。なぜだ。坊やだからさ……ではなくて、前回…

web TRIPPER
2週間前
11

今の日本の現状を風刺した凄まじいエンターテインメント小説だ――貫井徳郎さん『ひと…

 息もつかせぬ驚愕の展開に圧倒されます。人間の本質と、生々しくも突きつけられる現代社会の…

web TRIPPERへ、ようこそ

はじめまして。 web TRIPPERにお運びいただき、ありがとうございます。 このサイトは、朝日…

web TRIPPER
2年前
47

北尾トロ『佐伯泰英山脈登頂記』第3回

第1峰『密命』其の弐 大筋、中筋、個別事件の3本柱で巻を重ねる  ここで佐伯作品の読みや…

web TRIPPER
3日前
10

麻見和史『殺意の輪郭 猟奇殺人捜査ファイル』第24回

4  この建物のどこかに負傷者がいる可能性があった。  いったいその人物の怪我はどれほど…

web TRIPPER
3日前
14

共感必須!松井玲奈さんが好きなことも苦手なこともすべて詰め込んだエッセイ集『私だ…

クリストファー・ロビンに従って  地方での撮影を終えてようやく自宅に戻ってきた。猫たちは…

「読んで書く生活、または火曜日の地獄」 斎藤美奈子さん『あなたの代わりに読みまし…

 子どものころ、私は読書感想文がわりと得意だった。相手のニーズ(教師が何を求めているか)…

麻見和史『殺意の輪郭 猟奇殺人捜査ファイル』第23回

 広瀬はうなずきながらメモを見ている。彼女にも状況の整理ができたらしい。  メモの一部を…

web TRIPPER
6日前
17

北尾トロ『佐伯泰英山脈登頂記』第2回

第1峰『密命』 すべてはここから始まった! 崖っぷちから放たれた、衝撃の時代小説デビュー…

web TRIPPER
10日前
14

麻見和史『殺意の輪郭 猟奇殺人捜査ファイル』第22回

 朝の捜査会議が終わると、刑事たちは次々と捜査に出かけていった。  尾崎と広瀬も深川署を…

web TRIPPER
10日前
20

全国主要書店で開催中! 朝日文庫「グランドフェア2024」ラインナップを紹介します

朝井リョウ『スター』 新人の登竜門となる映画祭でグランプリを受賞した尚吾と紘。二人は大学…

安部龍太郎著『生きて候』/文芸評論家・高橋敏夫氏による文庫解説を公開!

 安部龍太郎の物語世界には、なにかとてつもなく不穏なものが見え隠れする。  血なまぐさい…

年森瑛「バッド入っても腹は減る」第5回

 年度末の記憶がない。  ただでさえ職場の繁忙期だというのに確定申告も重なり、さらに医療…

web TRIPPER
13日前
16

麻見和史『殺意の輪郭 猟奇殺人捜査ファイル』第21回

 午後十一時四十五分。尾崎はマンションの敷地内にいた。  ごみ収集箱の陰に隠れて、静かに…

web TRIPPER
13日前
24

北尾トロ『佐伯泰英山脈登頂記』第1回

はじめに(佐伯泰英山脈をこれから登る人たちへ)  佐伯泰英。平成時代を代表するベストセ…

web TRIPPER
2週間前
16

麻見和史『殺意の輪郭 猟奇殺人捜査ファイル』第20回

5  聞き込みをする上で、対象者の顔写真はかなり重要だ。  だが現在、尾崎たちの手元に北…

web TRIPPER
2週間前
23

「あの鳥のこと、好きだったのかい?」(『機動戦士ガンダム』)――川添愛「パンチラ…

 今回はアニメ『機動戦士ガンダム』を取り上げる。なぜだ。坊やだからさ……ではなくて、前回…

web TRIPPER
2週間前
11

今の日本の現状を風刺した凄まじいエンターテインメント小説だ――貫井徳郎さん『ひと…

 息もつかせぬ驚愕の展開に圧倒されます。人間の本質と、生々しくも突きつけられる現代社会の…