web TRIPPER

季刊文芸誌「小説トリッパー」(3、6、9、12月発売)のweb版です。連載(小説やエッ…

web TRIPPER

季刊文芸誌「小説トリッパー」(3、6、9、12月発売)のweb版です。連載(小説やエッセイ)のほかに、朝日新聞出版発行の文芸ジャンルの単行本や文庫に関する書評やインタビュー、試し読みなども掲載していく予定です。本と出会えるサイトになればと思っています。

マガジン

  • 朝日新聞出版の文芸書

    • 216本

    書評や文庫解説、インタビューや対談、試し読みなど、朝日新聞出版の文芸書にかかわる記事をすべてまとめています。

  • 年森瑛:連載エッセイ「バッド入っても腹は減る」

    パスタを茹でながら、キャベツを煮込みながら、一冊の本をじっくり読む――。いちばん読書がはかどるのはキッチンだ。いま再注目の新人作家による、おいしい読書日記連載スタート。毎月15日更新予定。

  • 北尾トロ『佐伯泰英山脈登頂記』

    平成を大法する大ベストセラー作家・佐伯泰英。その膨大な著作をすべて読破してレポート。読者をひきつけてやまない魅力を全力で伝えます!

  • 川添愛:連載エッセイ「パンチラインの言語学」

    文学、映画、アニメ、漫画……でひときわ印象に残る「名台詞=パンチライン」。この台詞が心に引っかかる背景には、言語学的な理由があるのかもしれない。ひとつの台詞を引用し、そこに隠れた言語学的魅力を、気鋭の言語学者・川添愛氏が解説する連載がスタート! 毎月10日に配信予定。

  • 上坂あゆ美:連載エッセイ、短歌「人には人の呪いと言葉」

    喉につかえてしまった魚の小骨のように、あるいは撤去できていない不発弾のように、自分の中でのみ込みきれていない思い出や気持ちなどありませんか。あなたの「人生の呪い」に、歌人・上坂あゆ美が短歌と、エッセイでこたえます。

記事一覧

固定された記事

web TRIPPERへ、ようこそ

はじめまして。 web TRIPPERにお運びいただき、ありがとうございます。 このサイトは、朝日…

web TRIPPER
2年前
56

「仏教文学の新しいジャンルを切り拓いてきたと言ってもいい」伊藤比呂美さん話題の単…

 伊藤比呂美さんは、「ひろみ」と呼ばれると快感を感じると言う。だから、僕は彼女のことをい…

日本刀の魅力に溢れた傑作時代小説連作集/山本兼一著『狂い咲き正宗 刀剣商ちょうじ…

 日本刀は、“武士の魂”といわれる。だが、源平合戦の昔から恩賞として家臣に贈られることも…

年森瑛「バッド入っても腹は減る」第6回

 食事が苦手だ。  理由はいくつかあって、まず基本的に胃が弱い。冷たい牛乳を飲めばたちま…

web TRIPPER
3日前
12

北尾トロ『佐伯泰英山脈登頂記』第10回

第4峰『酔いどれ小籐次』其の弐 庶民派ヒーロー・小籐次の活躍は、作者から読者へのエールだ…

web TRIPPER
5日前
6

【全文公開】佐々木敦さんによる本格文芸評論、『成熟の喪失』から「はじめに」を全文…

成熟の喪失 庵野秀明と〝父〟の崩壊 佐々木敦はじめに  本書は、庵野秀明という映像作家に…

この物語を必要としている人に、どうかこの本が届きますように――。窪美澄さん『朔が…

家に帰ると窓から"あたたかい光"が漏れている、ただそれだけの幸せを諦めたくないと思った。(…

「ひきこもりの季節」とは?/篠田節子著『四つの白昼夢』田中兆子さんによる書評を特…

思い込みは、気持ちよくひっくり返される  2024年初夏の現在、東京の街を歩く人の半数以上は…

「やっ……てますね」(『不適切にもほどがある! 』)――川添愛「パンチラインの言語…

 今回取り上げるのは、今年一月から三月にかけて放映された宮藤官九郎脚本の人気ドラマ『不適…

web TRIPPER
8日前
17

北尾トロ『佐伯泰英山脈登頂記』第9回

第4峰『酔いどれ小籐次』 下級武士の逆転人生! オヤジの夢を叶える人気シリーズ 冴えない…

web TRIPPER
12日前
5

上坂あゆ美連載「人には人の呪いと言葉」第4回

 こんにちは。お友達にも言えないことを打ち明けてくださりありがとうございます。  まず、…

web TRIPPER
12日前
28

【特別試し読み】鴻巣友季子さん集中連載「小説、この小さきもの~孤独、共感、個人~…

小説、この小さきもの ~孤独、共感、個人~ 鴻巣友季子第一部 小説、感情、孤独 はじめに …

作家・麻見和史さんが小説創作の極意を特別公開!/新シリーズ『殺意の輪郭 猟奇殺人…

猟奇という舞台装置  ウェブ連載をやってみませんか、というお話をいただいたとき、最初に頭…

『帝国の慰安婦』著者・朴裕河さんが鎌倉で辿る、歴史の「強さ」と「弱さ」/文庫版刊…

鎌倉に暮らせば 3月から、鎌倉で暮らしている。半年や1年とかの長期滞在ではないから「暮らす…

日本語からの祝福、日本語への祝福――李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」最…

第26回 日本語からの祝福、日本語への祝福  先日、仕事で訪れたバンクーバーの空港でた…

web TRIPPER
2週間前
7

北尾トロ『佐伯泰英山脈登頂記』第8回

第3峰『夏目影二郎始末旅』其の弐 真のテーマは男の友情だった!? 荒唐無稽な活劇を支える写…

web TRIPPER
2週間前
4

web TRIPPERへ、ようこそ

はじめまして。 web TRIPPERにお運びいただき、ありがとうございます。 このサイトは、朝日…

web TRIPPER
2年前
56

「仏教文学の新しいジャンルを切り拓いてきたと言ってもいい」伊藤比呂美さん話題の単…

 伊藤比呂美さんは、「ひろみ」と呼ばれると快感を感じると言う。だから、僕は彼女のことをい…

日本刀の魅力に溢れた傑作時代小説連作集/山本兼一著『狂い咲き正宗 刀剣商ちょうじ…

 日本刀は、“武士の魂”といわれる。だが、源平合戦の昔から恩賞として家臣に贈られることも…

年森瑛「バッド入っても腹は減る」第6回

 食事が苦手だ。  理由はいくつかあって、まず基本的に胃が弱い。冷たい牛乳を飲めばたちま…

web TRIPPER
3日前
12

北尾トロ『佐伯泰英山脈登頂記』第10回

第4峰『酔いどれ小籐次』其の弐 庶民派ヒーロー・小籐次の活躍は、作者から読者へのエールだ…

web TRIPPER
5日前
6

【全文公開】佐々木敦さんによる本格文芸評論、『成熟の喪失』から「はじめに」を全文…

成熟の喪失 庵野秀明と〝父〟の崩壊 佐々木敦はじめに  本書は、庵野秀明という映像作家に…

この物語を必要としている人に、どうかこの本が届きますように――。窪美澄さん『朔が…

家に帰ると窓から"あたたかい光"が漏れている、ただそれだけの幸せを諦めたくないと思った。(…

「ひきこもりの季節」とは?/篠田節子著『四つの白昼夢』田中兆子さんによる書評を特…

思い込みは、気持ちよくひっくり返される  2024年初夏の現在、東京の街を歩く人の半数以上は…

「やっ……てますね」(『不適切にもほどがある! 』)――川添愛「パンチラインの言語…

 今回取り上げるのは、今年一月から三月にかけて放映された宮藤官九郎脚本の人気ドラマ『不適…

web TRIPPER
8日前
17

北尾トロ『佐伯泰英山脈登頂記』第9回

第4峰『酔いどれ小籐次』 下級武士の逆転人生! オヤジの夢を叶える人気シリーズ 冴えない…

web TRIPPER
12日前
5

上坂あゆ美連載「人には人の呪いと言葉」第4回

 こんにちは。お友達にも言えないことを打ち明けてくださりありがとうございます。  まず、…

web TRIPPER
12日前
28

【特別試し読み】鴻巣友季子さん集中連載「小説、この小さきもの~孤独、共感、個人~…

小説、この小さきもの ~孤独、共感、個人~ 鴻巣友季子第一部 小説、感情、孤独 はじめに …

作家・麻見和史さんが小説創作の極意を特別公開!/新シリーズ『殺意の輪郭 猟奇殺人…

猟奇という舞台装置  ウェブ連載をやってみませんか、というお話をいただいたとき、最初に頭…

『帝国の慰安婦』著者・朴裕河さんが鎌倉で辿る、歴史の「強さ」と「弱さ」/文庫版刊…

鎌倉に暮らせば 3月から、鎌倉で暮らしている。半年や1年とかの長期滞在ではないから「暮らす…

日本語からの祝福、日本語への祝福――李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」最…

第26回 日本語からの祝福、日本語への祝福  先日、仕事で訪れたバンクーバーの空港でた…

web TRIPPER
2週間前
7

北尾トロ『佐伯泰英山脈登頂記』第8回

第3峰『夏目影二郎始末旅』其の弐 真のテーマは男の友情だった!? 荒唐無稽な活劇を支える写…

web TRIPPER
2週間前
4