web TRIPPER

季刊文芸誌「小説トリッパー」(3、6、9、12月発売)のweb版です。連載(小説やエッ…

web TRIPPER

季刊文芸誌「小説トリッパー」(3、6、9、12月発売)のweb版です。連載(小説やエッセイ)のほかに、朝日新聞出版発行の文芸ジャンルの単行本や文庫に関する書評やインタビュー、試し読みなども掲載していく予定です。本と出会えるサイトになればと思っています。

マガジン

  • 『クリームイエローの海と春キャベツのある家』編集日記

    • 6本

    第2回note創作大賞 朝日新聞出版賞受賞作『クリームイエローの海と春キャベツのある家』の著者 せやま南天さんと、担当編集者Kによる編集日記です。

  • 朝日新聞出版の文芸書

    • 175本

    書評や文庫解説、インタビューや対談、試し読みなど、朝日新聞出版の文芸書にかかわる記事をすべてまとめています。

  • 年森瑛:連載エッセイ「バッド入っても腹は減る」

    パスタを茹でながら、キャベツを煮込みながら、一冊の本をじっくり読む――。いちばん読書がはかどるのはキッチンだ。いま再注目の新人作家による、おいしい読書日記連載スタート。毎月15日更新予定。

  • 川添愛:連載エッセイ「パンチラインの言語学」

    文学、映画、アニメ、漫画……でひときわ印象に残る「名台詞=パンチライン」。この台詞が心に引っかかる背景には、言語学的な理由があるのかもしれない。ひとつの台詞を引用し、そこに隠れた言語学的魅力を、気鋭の言語学者・川添愛氏が解説する連載がスタート! 毎月10日に配信予定。

  • 李琴峰:連載エッセイ「日本語からの祝福、日本語への祝福」

    台湾出身の芥川賞作家・李琴峰さんによる日本語への思いを綴ったエッセイです。朝日新聞出版のPR誌「一冊の本」で連載中の内容を1カ月遅れで転載します。毎月1日に最新回を公開予定です。

記事一覧

固定された記事

web TRIPPERへ、ようこそ

はじめまして。 web TRIPPERにお運びいただき、ありがとうございます。 このサイトは、朝日…

web TRIPPER
1年前
42

何を信じて書けばいいのか、迷った日々のこと。そして発売日が決まりました!【クリキ…

改稿の日々、前回はこちら。  ・その2(せやまの日記)  ・その3(編集者Kさんの日記) …

85

第10回 林芙美子文学賞 受賞作が決定! 大賞受賞作の冒頭を特別公開します。

受賞の言葉  一九九七年、大学三年の時に親のワープロを借りて感熱紙に原稿用紙五十枚の小説…

第10回 林芙美子文学賞 受賞作が決定! 佳作受賞作の冒頭を特別公開します。

受賞の言葉 「小説は軽い」。そう信じています。よく書けた小説は頁越しに世界を小さくし、私…

装幀を一緒に考えませんか?【クリキャベ編集日記-番外編-】

一緒に装幀を考えていただけませんか? みなさま、こんにちは。 朝日新聞出版、書籍編集部のK…

web TRIPPER
12日前
60

年森瑛「バッド入っても腹は減る」第2回

 実家からみかんを大量にもらった。連日食べているのでなんとなく手のひらが黄色くなっている…

web TRIPPER
13日前
18

「未来は予測はできないが仕掛けることはできる」/スティーブン・ジョンソン著、大田…

 ユヴァル・ノア・ハラリの『サピエンス全史』、ジャレド・ダイアモンドの『銃・病原菌・鉄』…

せやまさんがこの物語で伝えたいことって何だろうか【クリキャベ編集日記-その3- 編集…

改稿の日々、著者のせやま南天さんの視点での日記はこちら 編集者Kの前回の日記はこちら 作…

web TRIPPER
2週間前
41

「とびきり甘い人生」(『チャーリーとチョコレート工場』)――川添愛「パンチライン…

 今回は『チャーリーとチョコレート工場』を取り上げる。これは私が「バレンタインシーズンだ…

web TRIPPER
2週間前
15

「これほど強い愛の言葉を私は知らない」林真理子さんが感嘆した作家夫婦の壮絶で静謐…

 小池真理子さんの『月夜の森の梟』は、朝日新聞紙上で、2020年から連載された。たちまち大変…

なぜ一作目の主人公は子供なのか?江國香織さんが“極度の”方向音痴から思考を巡らす…

 子供のころに住んでいた街のことをよく憶えている。通学路や公園、商店街は言うにおよばず、…

音を科学する魔法(前編)――李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」第21回

第21回 音を科学する魔法(前編)  伝統的な中国文学科というのはただ文学をやっていればい…

web TRIPPER
3週間前
3

【祝!初小説集発売記念 試し読み】俳優・長井短『私は元気がありません』表題作を一…

「いってきます」で目が覚める。ダウンコートのカサカサが顎を掠めて、吾郎が出張に出かけるん…

人生で初めて、出版社で打ち合わせした日から【クリキャベ編集日記-その2- せやま南天…

改稿の日々、編集者Kさんの視点での日記はこちら。 いざ顔合わせへ   ―打ち合わせ①―note…

せやま南天
4週間前
129

不適切な行い

 葉真中 顕     1  雨戸を開けると、空には雲ひとつなかった。先週、地面を湿らす程度…

web TRIPPER
1か月前
12

「『老い』というイメージを覆す、落合恵子さんの好奇心」木内昇さんによる、落合恵子…

 かっこいい、という形容がすこぶるしっくりくる人である。  洗練された佇まいもさることな…

web TRIPPERへ、ようこそ

はじめまして。 web TRIPPERにお運びいただき、ありがとうございます。 このサイトは、朝日…

web TRIPPER
1年前
42

何を信じて書けばいいのか、迷った日々のこと。そして発売日が決まりました!【クリキ…

改稿の日々、前回はこちら。  ・その2(せやまの日記)  ・その3(編集者Kさんの日記) …

85

第10回 林芙美子文学賞 受賞作が決定! 大賞受賞作の冒頭を特別公開します。

受賞の言葉  一九九七年、大学三年の時に親のワープロを借りて感熱紙に原稿用紙五十枚の小説…

第10回 林芙美子文学賞 受賞作が決定! 佳作受賞作の冒頭を特別公開します。

受賞の言葉 「小説は軽い」。そう信じています。よく書けた小説は頁越しに世界を小さくし、私…

装幀を一緒に考えませんか?【クリキャベ編集日記-番外編-】

一緒に装幀を考えていただけませんか? みなさま、こんにちは。 朝日新聞出版、書籍編集部のK…

web TRIPPER
12日前
60

年森瑛「バッド入っても腹は減る」第2回

 実家からみかんを大量にもらった。連日食べているのでなんとなく手のひらが黄色くなっている…

web TRIPPER
13日前
18

「未来は予測はできないが仕掛けることはできる」/スティーブン・ジョンソン著、大田…

 ユヴァル・ノア・ハラリの『サピエンス全史』、ジャレド・ダイアモンドの『銃・病原菌・鉄』…

せやまさんがこの物語で伝えたいことって何だろうか【クリキャベ編集日記-その3- 編集…

改稿の日々、著者のせやま南天さんの視点での日記はこちら 編集者Kの前回の日記はこちら 作…

web TRIPPER
2週間前
41

「とびきり甘い人生」(『チャーリーとチョコレート工場』)――川添愛「パンチライン…

 今回は『チャーリーとチョコレート工場』を取り上げる。これは私が「バレンタインシーズンだ…

web TRIPPER
2週間前
15

「これほど強い愛の言葉を私は知らない」林真理子さんが感嘆した作家夫婦の壮絶で静謐…

 小池真理子さんの『月夜の森の梟』は、朝日新聞紙上で、2020年から連載された。たちまち大変…

なぜ一作目の主人公は子供なのか?江國香織さんが“極度の”方向音痴から思考を巡らす…

 子供のころに住んでいた街のことをよく憶えている。通学路や公園、商店街は言うにおよばず、…

音を科学する魔法(前編)――李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」第21回

第21回 音を科学する魔法(前編)  伝統的な中国文学科というのはただ文学をやっていればい…

web TRIPPER
3週間前
3

【祝!初小説集発売記念 試し読み】俳優・長井短『私は元気がありません』表題作を一…

「いってきます」で目が覚める。ダウンコートのカサカサが顎を掠めて、吾郎が出張に出かけるん…

人生で初めて、出版社で打ち合わせした日から【クリキャベ編集日記-その2- せやま南天…

改稿の日々、編集者Kさんの視点での日記はこちら。 いざ顔合わせへ   ―打ち合わせ①―note…

せやま南天
4週間前
129

不適切な行い

 葉真中 顕     1  雨戸を開けると、空には雲ひとつなかった。先週、地面を湿らす程度…

web TRIPPER
1か月前
12

「『老い』というイメージを覆す、落合恵子さんの好奇心」木内昇さんによる、落合恵子…

 かっこいい、という形容がすこぶるしっくりくる人である。  洗練された佇まいもさることな…