web TRIPPER

季刊文芸誌「小説トリッパー」(3、6、9、12月発売)のweb版です。連載(小説やエッ…

web TRIPPER

季刊文芸誌「小説トリッパー」(3、6、9、12月発売)のweb版です。連載(小説やエッセイ)のほかに、朝日新聞出版発行の文芸ジャンルの単行本や文庫に関する書評やインタビュー、試し読みなども掲載していく予定です。本と出会えるサイトになればと思っています。

マガジン

  • 『クリームイエローの海と春キャベツのある家』編集日記

    • 6本

    第2回note創作大賞 朝日新聞出版賞受賞作『クリームイエローの海と春キャベツのある家』の著者 せやま南天さんと、担当編集者Kによる編集日記です。

  • 朝日新聞出版の文芸書

    • 175本

    書評や文庫解説、インタビューや対談、試し読みなど、朝日新聞出版の文芸書にかかわる記事をすべてまとめています。

  • 年森瑛:連載エッセイ「バッド入っても腹は減る」

    パスタを茹でながら、キャベツを煮込みながら、一冊の本をじっくり読む――。いちばん読書がはかどるのはキッチンだ。いま再注目の新人作家による、おいしい読書日記連載スタート。毎月15日更新予定。

  • 川添愛:連載エッセイ「パンチラインの言語学」

    文学、映画、アニメ、漫画……でひときわ印象に残る「名台詞=パンチライン」。この台詞が心に引っかかる背景には、言語学的な理由があるのかもしれない。ひとつの台詞を引用し、そこに隠れた言語学的魅力を、気鋭の言語学者・川添愛氏が解説する連載がスタート! 毎月10日に配信予定。

  • 李琴峰:連載エッセイ「日本語からの祝福、日本語への祝福」

    台湾出身の芥川賞作家・李琴峰さんによる日本語への思いを綴ったエッセイです。朝日新聞出版のPR誌「一冊の本」で連載中の内容を1カ月遅れで転載します。毎月1日に最新回を公開予定です。

    • 『クリームイエローの海と春キャベツのある家』編集日記

      • 6本
    • 朝日新聞出版の文芸書

      • 175本
    • 年森瑛:連載エッセイ「バッド入っても腹は減る」

    • 川添愛:連載エッセイ「パンチラインの言語学」

    • 李琴峰:連載エッセイ「日本語からの祝福、日本語への祝福」

    • すべてのマガジンを表示

最近の記事

  • 固定された記事

web TRIPPERへ、ようこそ

はじめまして。 web TRIPPERにお運びいただき、ありがとうございます。 このサイトは、朝日新聞出版が発行している季刊文芸誌「小説トリッパー」のweb版です。 朝日新聞出版の文芸部門の源流は、1879(明治12)年にまでさかのぼります。この年に朝日新聞が創刊し、その10月には文芸誌を創刊しています。 140年以上の歴史の中で、朝日新聞グループの文芸部門は、いつの世も綺羅星のような作品を送り続けてきました。 最初期から現在までつづく新聞本紙の連載小説、そして「週

  • 何を信じて書けばいいのか、迷った日々のこと。そして発売日が決まりました!【クリキャベ編集日記-その4- せやま南天・改稿編】

    改稿の日々、前回はこちら。  ・その2(せやまの日記)  ・その3(編集者Kさんの日記) 文字数との闘い  ―打ち合わせ③、第3稿を書く― 「はあ。本当に大丈夫なのかな」 一日の執筆作業の終わり。 手帳に書きつけた字を眺めて、ため息が出た。 小説『クリームイエローの海と春キャベツのある家』の文字数は、ここ最近マイナス進捗が続いている。 数日かけて書き上げたプロットを見ながら、編集者Kさんと3回目の打ち合わせ(Zoom)をし、修正方針は固まっていた。 あとは、修正する

  • 第10回 林芙美子文学賞 受賞作が決定! 大賞受賞作の冒頭を特別公開します。

    受賞の言葉  一九九七年、大学三年の時に親のワープロを借りて感熱紙に原稿用紙五十枚の小説を書いて、それからは書いて、書いて、夏休み二ヶ月閉じこもって書いて、社会に放り出されて書いて、バイト先のレジでしゃがみ込んで書いて、お腹痛いふりしてトイレで書いて、カフェの真冬のテラス席で耳栓して書いて、就職して書いて、独立して書いて、書けなくなって、また書いて、そうして生まれた、世に出られなかった数百人の登場人物たちの繋がりの果てにいる今作の彼ら彼女らが、今回ようやく日の目を見ることに

  • 第10回 林芙美子文学賞 受賞作が決定! 佳作受賞作の冒頭を特別公開します。

    受賞の言葉 「小説は軽い」。そう信じています。よく書けた小説は頁越しに世界を小さくし、私の全実存に安心をくれる、と。  かつて、故郷・福島からの一時避難中、私はいつも(バニヤンの主人公や地球座のヘラクレスよろしく)大きな青いバッグを背負っていました。その中には当時描いていた漫画の原稿用紙、アイデアを書き溜めた自由帳、聖書などが入っていて、つまり私の全てが詰め込まれていたわけですが、どうもあの重みが、今まで私に小説を書かせてきたように思うのです。  今回はその歩みに、一種の巡

  • 固定された記事

web TRIPPERへ、ようこそ

マガジン

マガジンをすべて見る すべて見る
  • 『クリームイエローの海と春キャベツのある家』編集日記
    web TRIPPER 他
  • 朝日新聞出版の文芸書
    web TRIPPER 他
  • 年森瑛:連載エッセイ「バッド入っても腹は減る」
    web TRIPPER
  • 川添愛:連載エッセイ「パンチラインの言語学」
    web TRIPPER
  • 李琴峰:連載エッセイ「日本語からの祝福、日本語への祝福」
    web TRIPPER
  • 警察短篇小説競作
    web TRIPPER

記事

記事をすべて見る すべて見る

    装幀を一緒に考えませんか?【クリキャベ編集日記-番外編-】

    一緒に装幀を考えていただけませんか? みなさま、こんにちは。 朝日新聞出版、書籍編集部のKです。 いつも、クリキャベ編集日記を読んでいただきありがとうございます!   編集日記は「改稿編」の最中ですが、 発売日に向けていよいよ装幀を決めなければならない段階となりました。   装幀は、デザイナーさんとイラストレーターさんのお力で完成に近づいています。 デザイナーのbookwall 松昭教さん (Xアカウント : @bookwall 、@mastu_matsu) イラスレーター

    装幀を一緒に考えませんか?【クリキャベ編集日記-番外編-】

    年森瑛「バッド入っても腹は減る」第2回

     実家からみかんを大量にもらった。連日食べているのでなんとなく手のひらが黄色くなっている気がする。早く消費せねばと先日はパウンドケーキにしてみたが、使用した砂糖とバターの量がえげつなく、数日かけて食べていたら当然お太りあそばした。今後しばらくヘルシーにいきたい。ヘルシーヘルシー。冷蔵庫オープン。本日消費期限の合い挽き肉を発見。その下敷きになった、同じく期限スレスレの餃子の皮50枚入りも発見。  ……みかん餃子。いけるか。酢豚のパイナップル的なものと考えればいけるのでは。仁王立

    年森瑛「バッド入っても腹は減る」第2回

  • 「未来は予測はできないが仕掛けることはできる」/スティーブン・ジョンソン著、大田直子訳『世界をつくった6つの革命の物語』安宅和人さんによる解説を特別公開!

     ユヴァル・ノア・ハラリの『サピエンス全史』、ジャレド・ダイアモンドの『銃・病原菌・鉄』、ルイス・ダートネルの『この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた』など、様々な分野を横断して、俯瞰しつつ、世界を書き下ろすという日本にはないジャンルの本が欧米には存在するが、この本はその一冊だ。  この本を手に取られた人はすぐに『世界をつくった6つの革命の物語』というからてっきりフランス革命みたいな話が出てくるのかと思ったら、全くそうではないことに気づくだろう。もともとのお題は“How

    「未来は予測はできないが仕掛けることはできる」/スティーブン・ジョンソン著、大田直子訳『世界をつくった6つの革命の物語』安宅和人さんによる解説を特別公開!

    せやまさんがこの物語で伝えたいことって何だろうか【クリキャベ編集日記-その3- 編集者K・改稿編】

    改稿の日々、著者のせやま南天さんの視点での日記はこちら 編集者Kの前回の日記はこちら 作品のボリュームについて  ー打ち合わせ④の前にー 最初の改稿でせやまさんにお願いしたことは、主にこの2つ。 ①主人公・津麦の過去を知りたい ②字数(枚数)を増やしてほしい (具体的には、52000字(400字詰め原稿用紙で130枚)から72000字(180枚)以上を目指す) そして第2稿では、73500字(約184枚)、つまり目標の180枚以上書いていただけました。 しかし、前回

    せやまさんがこの物語で伝えたいことって何だろうか【クリキャベ編集日記-その3- 編集者K・改稿編】

    「とびきり甘い人生」(『チャーリーとチョコレート工場』)――川添愛「パンチラインの言語学」第2回

     今回は『チャーリーとチョコレート工場』を取り上げる。これは私が「バレンタインシーズンだから」と気を利かせたがゆえのチョイスではなく、この連載2回目にして早くもどの作品を取り上げたらいいか分からなくなり、担当Uさんのおすすめに唯々諾々と従った結果だ。飲食店で「店長のおすすめ」ばかり注文する主体性のなさが露呈した。  この映画、実は未見だった。2005年の公開当時は、『おそ松くん』のイヤミを彷彿とさせるおかっぱ頭のジョニー・デップが不気味すぎて、見る気になれなかった。実際に見

    「とびきり甘い人生」(『チャーリーとチョコレート工場』)――川添愛「パンチラインの言語学」第2回

  • 「これほど強い愛の言葉を私は知らない」林真理子さんが感嘆した作家夫婦の壮絶で静謐な愛/小池真理子著『月夜の森の梟』文庫解説を特別公開

     小池真理子さんの『月夜の森の梟』は、朝日新聞紙上で、2020年から連載された。たちまち大変な反響を呼び、終了後に特集記事が組まれたことを記憶している。  が、私はものを書く人間なので、少し別の感想を持った。単に「感動した」「自分も亡くした大切な人を思い出した」というわけにはいかない。まず私が持ったものは「すごいなあ」という感嘆である。  愛する夫を亡くした、というエッセイであるが、一回として同じ切り口がない。全く読者を飽きさせることなく、この連載を続けることに、どれほど

    「これほど強い愛の言葉を私は知らない」林真理子さんが感嘆した作家夫婦の壮絶で静謐な愛/小池真理子著『月夜の森の梟』文庫解説を特別公開

  • なぜ一作目の主人公は子供なのか?江國香織さんが“極度の”方向音痴から思考を巡らす刊行記念エッセイ/最新小説『川のある街』

     子供のころに住んでいた街のことをよく憶えている。通学路や公園、商店街は言うにおよばず、子供には縁のない場所――運輸会社、産婦人科医院、質屋、雀荘、着付教室、琴曲教室、煙草屋、月極駐車場など――がどこにあるか知っていたし(「明るい家族計画」と銘打たれた自動販売機が二か所にあることも知っていた。一体何を売っているのかは見当もつかなかったけれども)、どの家の庭にどんな花が咲いているかや、ある家のレンガブロックが一つ緩んでいて、隙間に小さな物を隠せることも知っていた。なぜか表札を読

    なぜ一作目の主人公は子供なのか?江國香織さんが“極度の”方向音痴から思考を巡らす刊行記念エッセイ/最新小説『川のある街』

    音を科学する魔法(前編)――李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」第21回

    第21回 音を科学する魔法(前編)  伝統的な中国文学科というのはただ文学をやっていればいいというわけではない。修めなければならない学問分野は大きく分けて三つある。文学、哲学、そして言語学である。  そもそも「文学」という言葉は本来、西洋で言うliteratureを指しているわけではない。『論語』には「四科十哲」とあり、「四科」とは「徳行、言語、政事、文学」という四つの科目のことだが、ここの「文学」とは「文章による学問全般」のことである。伝統的な漢籍図書分類法の「経」「史

    音を科学する魔法(前編)――李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」第21回

  • 【祝!初小説集発売記念 試し読み】俳優・長井短『私は元気がありません』表題作を一部公開

    「いってきます」で目が覚める。ダウンコートのカサカサが顎を掠めて、吾郎が出張に出かけるんだと思い出した。できるだけ、瞳に光が差さないように気をつけながら「いってらっしゃい」と返事をすると、もう一度カサカサが顔にぶつかって離れる。今何時だろう。二度寝の権利を引き摺り込んで、羽毛布団に深く潜った。次に目が覚めたのは昼過ぎだった。身体は重い。お酒を飲んだのは一昨日なのに、まだ体内にアルコールが残っている感じがする。「三十越えるとマジどっと来るよ」って言ってたのは三茶のどの店の人だっ

    【祝!初小説集発売記念 試し読み】俳優・長井短『私は元気がありません』表題作を一部公開

  • 人生で初めて、出版社で打ち合わせした日から【クリキャベ編集日記-その2- せやま南天・改稿編】

    改稿の日々、編集者Kさんの視点での日記はこちら。 いざ顔合わせへ   ―打ち合わせ①―note創作大賞受賞のメールが届いて、 ほんの1週間ほどのちに、 朝日新聞出版の方と打ち合わせとなった。 正直なところ、 私は、受賞を知った当初、 そんなにすぐに書籍化できるとは思っていなかった。 前回2022年の創作大賞の実績をみて、 書籍化までには、いくつもの山があり、難しいんじゃないかな…… と思っていたのだ。 それが、 本当に本を出せるのかも。 と思うように変わったのは、no

    人生で初めて、出版社で打ち合わせした日から【クリキャベ編集日記-その2- せやま南天・改稿編】

    不適切な行い

     葉真中 顕     1  雨戸を開けると、空には雲ひとつなかった。先週、地面を湿らす程度の雨が降ったきり、ずっと晴天が続いている。今年は例年にない空梅雨のようだ。  朝食を済ませて、さっと歯を磨き、パジャマからスーツに着替え、身支度を調える。居間の奥の仏壇の水を替え、線香を一本取り出す。ライターで線香を焚き、仏壇の香炉に立てる。りんを鳴らし、手を合わせる。  今日もしっかり、務めを果たしてくるからな──息子、正義の位牌に誓うところまでが、私の朝の日課。最近の言葉で言

    不適切な行い

  • 「『老い』というイメージを覆す、落合恵子さんの好奇心」木内昇さんによる、落合恵子著『明るい覚悟』文庫解説公開!

     かっこいい、という形容がすこぶるしっくりくる人である。  洗練された佇まいもさることながら、長きにわたりクレヨンハウスを運営し、作家として数々の作品を世に送り出し、論客としてもまっすぐに意見を発信し続けている――というその活動は、ここで改めて語るまでもないこと。机上のみで終結せず、常にアグレッシブに行動する姿を、メディアを通してではあるけれど、絶えず目にしてきた印象がある。  それだけに、「老い」という言葉を本書の中に見付けたとき、少々戸惑いを覚えた。もちろん誰しも年齢

    「『老い』というイメージを覆す、落合恵子さんの好奇心」木内昇さんによる、落合恵子著『明るい覚悟』文庫解説公開!