web TRIPPER

季刊文芸誌「小説トリッパー」(3、6、9、12月発売)のweb版です。連載(小説やエッ…

web TRIPPER

季刊文芸誌「小説トリッパー」(3、6、9、12月発売)のweb版です。連載(小説やエッセイ)のほかに、朝日新聞出版発行の文芸ジャンルの単行本や文庫に関する書評やインタビュー、試し読みなども掲載していく予定です。本と出会えるサイトになればと思っています。

マガジン

  • 麻見和史『殺意の輪郭 猟奇殺人捜査ファイル』

    都内で連続猟奇殺人事件発生! 警察小説の旗手・麻見和史さんによる、新シリーズ始動。

  • 朝日新聞出版の文芸書

    • 191本

    書評や文庫解説、インタビューや対談、試し読みなど、朝日新聞出版の文芸書にかかわる記事をすべてまとめています。

  • 年森瑛:連載エッセイ「バッド入っても腹は減る」

    パスタを茹でながら、キャベツを煮込みながら、一冊の本をじっくり読む――。いちばん読書がはかどるのはキッチンだ。いま再注目の新人作家による、おいしい読書日記連載スタート。毎月15日更新予定。

  • 『クリームイエローの海と春キャベツのある家』編集日記

    • 15本

    創作大賞2023(note主催) 朝日新聞出版賞受賞作『クリームイエローの海と春キャベツのある家』の著者 せやま南天さんと、担当編集者Kによる編集日記です。

  • 川添愛:連載エッセイ「パンチラインの言語学」

    文学、映画、アニメ、漫画……でひときわ印象に残る「名台詞=パンチライン」。この台詞が心に引っかかる背景には、言語学的な理由があるのかもしれない。ひとつの台詞を引用し、そこに隠れた言語学的魅力を、気鋭の言語学者・川添愛氏が解説する連載がスタート! 毎月10日に配信予定。

記事一覧

麻見和史『殺意の輪郭 猟奇殺人捜査ファイル』第15回

「小学生のころ、私の父は病気で亡くなりました。それ以来、母が仕事に出ている間、私は近所に…

web TRIPPER
1日前
11

#創作大賞2024に参加される方へ

「創作大賞」の特設サイトから、この朝日新聞出版の文芸部門が運営しているwebTRIPPERまで足を…

web TRIPPER
1日前
55

麻見和史『殺意の輪郭 猟奇殺人捜査ファイル』第14回

6  講堂に集まった捜査員たちは、みな緊張した表情を浮かべている。  まもなく午後八時、…

web TRIPPER
5日前
16

麻見和史『殺意の輪郭 猟奇殺人捜査ファイル』第13回

5  改札を抜けると、尾崎たちは急ぎ足で目的地に向かった。  ここは昨日通ったばかりの道…

web TRIPPER
8日前
17

年森瑛「バッド入っても腹は減る」第4回

 トマトなんてなんぼあってもいいですからね、というイマジナリー土井善晴のささやきに身を任…

web TRIPPER
10日前
28

発売日、書店回りをした日のこと【クリキャベ編集日記-その後‐】

発売日、書店回りをした日のこと 4月5日の発売日。 著者のせやま南天さんと、書店訪問をしまし…

web TRIPPER
12日前
37
麻見和史『殺意の輪郭 猟奇殺人捜査ファイル』第15回

麻見和史『殺意の輪郭 猟奇殺人捜査ファイル』第15回

「小学生のころ、私の父は病気で亡くなりました。それ以来、母が仕事に出ている間、私は近所に住む豊村義郎という人によく面倒を見てもらっていたんです。家に行って宿題を見てもらったり、おやつを食べさせてもらったり、いろいろ助けてもらいました。……ところが今から二十一年前、私が十六歳のとき、豊村さんがある事件の重要参考人になったらしいんです。下高井戸で起こった強盗殺人事件でした。八十代の夫婦が自宅で殺害され

もっとみる
#創作大賞2024に参加される方へ

#創作大賞2024に参加される方へ

「創作大賞」の特設サイトから、この朝日新聞出版の文芸部門が運営しているwebTRIPPERまで足を運んでくださった方もいらっしゃると思います。どうもありがとうございます!

このたび朝日新聞出版は、noteの投稿コンテスト「創作大賞」に協賛することになりました。「エッセイ」「ミステリー小説」「恋愛小説」「お仕事小説」と昨年も選考に参加した部門に加えて、「漫画原作」「創作漫画」「コミックエッセイ」部

もっとみる
麻見和史『殺意の輪郭 猟奇殺人捜査ファイル』第14回

麻見和史『殺意の輪郭 猟奇殺人捜査ファイル』第14回



 講堂に集まった捜査員たちは、みな緊張した表情を浮かべている。

 まもなく午後八時、夜の会議が始まる時間だ。捜査員たちは席に着き、それぞれ資料を広げたり、メモ帳の記録を確認したりしている。

 いいネタを仕入れてきた者は、その情報を効果的に報告し、幹部から評価されたいと思っているはずだ。一方、あまりいい情報を得られなかった者は、会議でどのように釈明するか、いかにして叱責から逃れるかを真剣に

もっとみる
麻見和史『殺意の輪郭 猟奇殺人捜査ファイル』第13回

麻見和史『殺意の輪郭 猟奇殺人捜査ファイル』第13回



 改札を抜けると、尾崎たちは急ぎ足で目的地に向かった。

 ここは昨日通ったばかりの道だ。あのときは何の勝算もないまま聞き込みに行っただけだった。しかし今は違う。ひとつの手がかりを得て、尾崎たちはその場所へと急いでいるのだ。

 雑居ビルの一階に事務所がある。尾崎は広瀬と顔を見合わせたあと、入り口のドアを開けた。

「いらっしゃいませ」

 椅子から立って、女性社員がこちらにやってきた。彼女

もっとみる
年森瑛「バッド入っても腹は減る」第4回

年森瑛「バッド入っても腹は減る」第4回

 トマトなんてなんぼあってもいいですからね、というイマジナリー土井善晴のささやきに身を任せて1個15円叩き売りトマトを大量購入した。さっそく生で食べてみるとほとんど味がしないうえ舌触りもざらついていて、どれもこれもトマトからトマトみを抜いたナニカって感じでそこそこ落ち込む。こうなったら煮込んでスープにするしかない。
 トマトを崩さず切るために、まず包丁の角でヘタをくりぬいてからひっくり返し、中央か

もっとみる
発売日、書店回りをした日のこと【クリキャベ編集日記-その後‐】

発売日、書店回りをした日のこと【クリキャベ編集日記-その後‐】

発売日、書店回りをした日のこと
4月5日の発売日。
著者のせやま南天さんと、書店訪問をしました。

スケジュールの関係で、書店さんに伺ったのは16時から。

※本来は、夕方からは書店さんが混んでくる時間なので避けた方が良いです!
※せやまさん担当の私K。大学時代は、書店でアルバイトをしていましたが……。混んでいる時間帯に来ていただいても、どうしても丁寧な対応ができないことがありました……。
(忙し

もっとみる