web TRIPPER

季刊文芸誌「小説トリッパー」(3、6、9、12月発売)のweb版です。連載(小説やエッセイ)のほかに、朝日新聞出版発行の文芸ジャンルの単行本や文庫に関する書評やインタビュー、試し読みなども掲載していく予定です。本と出会えるサイトになればと思っています。

web TRIPPER

季刊文芸誌「小説トリッパー」(3、6、9、12月発売)のweb版です。連載(小説やエッセイ)のほかに、朝日新聞出版発行の文芸ジャンルの単行本や文庫に関する書評やインタビュー、試し読みなども掲載していく予定です。本と出会えるサイトになればと思っています。

    マガジン

    • 李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」

      台湾出身の芥川賞作家・李琴峰さんによる日本語への思いを綴ったエッセイです。朝日新聞出版のPR誌「一冊の本」で連載中の内容を1カ月遅れで転載します。毎月1日に最新回を公開予定です。

    • 中山七里「特殊清掃人」

      中山七里さんによる連載小説です。毎週金曜日に最新話を公開する予定です。

    • 朝日新聞出版の文芸書

      • 54本

      書評や文庫解説、インタビューや対談、試し読みなど、朝日新聞出版の文芸書にかかわる記事をすべてまとめています。

    • 小川哲『君のクイズ』

      2022年10月7日発売の小川哲さん『君のクイズ』に関する記事をまとめています。

    • 高山羽根子「オブジェクタム/如何様」

      高山羽根子さんの朝日文庫『オブイジェクタム・如何様』に関する記事をまとめています。

    記事一覧

    親は子どもを産むかどうかを選択できるが、子どもの方は親を選べない。――中山七里「…

     第1回から読む  ダイニングの隣にある脱衣所から顔を出したのは飯窪麻里子だった。 「長…

    web TRIPPER
    2か月前

    伊根さんの生き方を否定できる人間は誰もいません――中山七里「特殊清掃人」第16回

     第1回から読む       4  数日後、五百旗頭は伊根の部屋に形見分けを希望する三人…

    web TRIPPER
    2か月前

    伊根が酒と女の暮らしを好んだ理由が分かる気がした――中山七里「特殊清掃人」第15…

     第1回から読む 「そのスマホ、中身を検めた後でどうした」 「マンションのオーナーが持っ…

    web TRIPPER
    2か月前

    そうした事情があったとしても伊根欣二郎が事故死であった事実に揺るぎはありませんよ…

     第1回から読む  三人目の女性はひどく消沈した面持ちで応接室に入ってきた。 「営業課の…

    web TRIPPER
    2か月前

    サチコとポケモン――李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」第2回

    第2回 サチコとポケモン ※最新3回分のみWEBで公開いたします。公開を終了しました。  ※毎…

    web TRIPPER
    3か月前

    「死んだ上司の悪口を言いたくはないんですけど、わたしセクハラを受けていたんです」…

    第1回から読む  次に現れたのは二十代後半と思しき肉感的な女性だった。 「はじめまして。…

    web TRIPPER
    3か月前
    親は子どもを産むかどうかを選択できるが、子どもの方は親を選べない。――中山七里「特殊清掃人」第17回

    親は子どもを産むかどうかを選択できるが、子どもの方は親を選べない。――中山七里「特殊清掃人」第17回

     第1回から読む

     ダイニングの隣にある脱衣所から顔を出したのは飯窪麻里子だった。

    「長々と立ち聞きするような真似をさせて悪かったね」

    「いえ、五百旗頭さんの話を聞いていたらすごくショックを受けちゃって」

    「伊根さんが家庭や家族に恵まれなかったって件かい」

    「わたし時々勉強を教えてもらってたんですけど、そんな話一度も聞かされてなかったです」

    「自ら進んで話したいような内容じゃないからな

    もっとみる
    伊根さんの生き方を否定できる人間は誰もいません――中山七里「特殊清掃人」第16回

    伊根さんの生き方を否定できる人間は誰もいません――中山七里「特殊清掃人」第16回

     第1回から読む

          4

     数日後、五百旗頭は伊根の部屋に形見分けを希望する三人を招き入れた。

    「伊根欣二郎さんの遺した財産の見積りが出たので報告します。もっとも財産と言っても、預貯金や自社株は〈イネ・ライジング〉との共有財産であるとの認識であり、形見分けはこの部屋の中にある物品を対象とさせていただきます」

     浜谷智美と石田未莉、そして矢野貴子の三人は納得顔で頷いてみせる。

    「お

    もっとみる
    伊根が酒と女の暮らしを好んだ理由が分かる気がした――中山七里「特殊清掃人」第15回

    伊根が酒と女の暮らしを好んだ理由が分かる気がした――中山七里「特殊清掃人」第15回

     第1回から読む

    「そのスマホ、中身を検めた後でどうした」

    「マンションのオーナーが持っているはずですよ。本来は身内に返却するものですが伊根には親族がいませんからね。遺骨を引き取ってくれた人に渡すしかなかったんですよ」

    「その伊根のことで気になる点がある。名前だ。伊根には兄弟はいなかったんだよな。名付けにルールがある訳じゃないが『欣二郎』だろ。普通二郎ってのは次男に付ける名前じゃないのか」

    もっとみる
    そうした事情があったとしても伊根欣二郎が事故死であった事実に揺るぎはありませんよ――中山七里「特殊清掃人」第14回

    そうした事情があったとしても伊根欣二郎が事故死であった事実に揺るぎはありませんよ――中山七里「特殊清掃人」第14回

     第1回から読む

     三人目の女性はひどく消沈した面持ちで応接室に入ってきた。

    「営業課の矢野貴子と申します。この度は伊根社長の部屋をご清浄いただき、ありがとうございました」

     深々と低頭する姿は、故人の肉親のようだった。

    「社長の形見分けの件と聞きました」

    「ええ。形見分けを受ける資格を持つと思われる人から参考意見をいただきたいんですよ」

    「参考意見と言われても、伊根社長は素晴らしい人

    もっとみる
    サチコとポケモン――李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」第2回

    サチコとポケモン――李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」第2回

    第2回 サチコとポケモン
    ※最新3回分のみWEBで公開いたします。公開を終了しました。 

    ※毎月1日に最新回を公開予定です。

    李琴峰さんの朝日新聞出版の本

    「死んだ上司の悪口を言いたくはないんですけど、わたしセクハラを受けていたんです」――中山七里「特殊清掃人」第13回

    「死んだ上司の悪口を言いたくはないんですけど、わたしセクハラを受けていたんです」――中山七里「特殊清掃人」第13回

    第1回から読む

     次に現れたのは二十代後半と思しき肉感的な女性だった。

    「はじめまして。広報課の石田未莉です」
     
     智美とは打って変わって、こちらは挨拶から食いつき気味だった。

    「伊根社長の部屋をお掃除してくださったんですってね。本当にありがとうございました」

    「呼ばれた理由は承知されてますよね」

    「社長と個人的に深い付き合いだった人間に、形見分けの資格があるかどうかの確認ですよね。最

    もっとみる