web TRIPPER
「死んだ上司の悪口を言いたくはないんですけど、わたしセクハラを受けていたんです」――中山七里「特殊清掃人」第13回
見出し画像

「死んだ上司の悪口を言いたくはないんですけど、わたしセクハラを受けていたんです」――中山七里「特殊清掃人」第13回

web TRIPPER

自宅で突然死したイネ・ライジング社長のきんろうと恋人関係にあった部下たち。は、それぞれから事情を聴くことになった。
 

第1回から読む

 次に現れたのは二十代後半と思しき肉感的な女性だった。

「はじめまして。広報課のいしです」
 
 ともとは打って変わって、こちらは挨拶から食いつき気味だった。

社長の部屋をお掃除してくださったんですってね。本当にありがとうございました」

「呼ばれた理由は承知されてますよね」

「社長と個人的に深い付き合いだった人間に、形見分けの資格があるかどうかの確認ですよね。最初にはっきりさせておきますけど、わたしは積極的に手を挙げます」

 見事なまでの言行一致、未莉はその場で挙手してみせた。

「そもそも形見分け以前に慰謝料だと思っていますから」

「慰謝料とは、どういうことですか」

「死んだ上司の悪口を言いたくはないんですけど、わたしセクハラを受けていたんです」

 パワハラの次はセクハラか。

「伊根社長の評判、お聞きになりましたか」

「取引先や社員には有能さと篤実さをアピールしていた、と」

「あー、それ、秘書のはまさんの言い草ですよね。でも社長は、有能ではあっても篤実ではなかったです。社員には気の良いスケベ親父で人気あったんですけどね」

「それは大っぴらに言われていたんですか」

「社員からは『きんちゃん』と呼ばれることの方が多かったですね。偉ぶらず人懐っこい性格だったので好かれていました。『きんちゃん』と呼ばれても、怒るどころか逆に喜んでました」

「社員から好かれていた社長がセクハラですか」

「『人間は下半身にも性格がある』とか言って、広報への依頼や指示にかこつけて接触してくるんです。あ、この場合の『接触』は文字通りの接触ですよ」

「石田さんは伊根さんと付き合っていたと聞いていますが、そうじゃないんですか」

「付き合っていたというのは語弊があります。セクハラの延長で無理やり付き合わされていたんです」

「抗議しようという気にはならなかったんですか」

「給料がよかったし、ヒラ社員が拒否できる空気じゃなかったです。ウチの会社、労働組合も社員相談窓口なんて洒落たものもありませんから」

 理不尽な扱いを暴露する未莉は、しかし正直でもあった。

「訴えなかった理由はもう一つ。伊根社長とベッドをともにすると、少なくないお小遣いをくれたんですよ。何だか買われたみたいだけど、タダよりはマシかなって」

「腹が立ったでしょうね」

「腹は立ちました。でも何しろ『きんちゃん』ですからね。困ったことにどこか憎めないんです。で、こんなわたしだから形見分けを受ける資格があると思うんですよ」

「あなた、セクハラされたんでしょう」

「セクハラ自体はおぞましい行為で許せないけれど、人間としての伊根社長にはあらがいがたい魅力があるんですよ。『英雄色を好む』つて言うんですか、ちょうどそんな感じで」

 未莉にもセクハラを助長させる原因があると叩かれそうな発言だ。

「伊根さんの部屋にも何度か泊まったようですね」

「いちいち数えたことはないですけど」

「形見分けの参考にさせていただきたいのですが、部屋の中に高価なものはありましたか」

「うーん、ブランド品にはおそろしく興味のない人でしたからね。時計は国産品だし、スーツは全て既製品だし。あ、壁にリトグラフが飾ってあったけど、あれが結構な値打ちものかもしれない」

 伊根の部屋に高価なものは存在している。だがリトグラフではない。

 酒だ。

 これは現場を検証したから聞いたのだが、ダイニングの隅にあった家庭用ワインセラーに陳列されていたワインはその多くが超のつく高級品だった。中には一本三百万円もするドン・ペリニヨンの1959年ものも鎮座していたという。だがこうして話を聞いている限り、智美も未莉もワインには言及していない。伊根から全く知らされていないのか、それともの前では黙っているのか。

「いくら好人物でもへそから下は別人。わたしはそれをきんちゃんから学びました」

「授業料は高かったですか」

 未莉はしばらく考え込んでから、ゆるゆると首を横に振った。

「まだ分からないです」

       

前回(第12回)

※毎週金曜日に最新回を公開予定です。


中山七里さんの朝日新聞出版からの既刊


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
web TRIPPER
季刊文芸誌「小説トリッパー」(3、6、9、12月発売)のweb版です。連載(小説やエッセイ)のほかに、朝日新聞出版発行の文芸ジャンルの単行本や文庫に関する書評やインタビュー、試し読みなども掲載していく予定です。本と出会えるサイトになればと思っています。