web TRIPPER

季刊文芸誌「小説トリッパー」(3、6、9、12月発売)のweb版です。連載(小説やエッ…

web TRIPPER

季刊文芸誌「小説トリッパー」(3、6、9、12月発売)のweb版です。連載(小説やエッセイ)のほかに、朝日新聞出版発行の文芸ジャンルの単行本や文庫に関する書評やインタビュー、試し読みなども掲載していく予定です。本と出会えるサイトになればと思っています。

マガジン

  • 麻見和史『殺意の輪郭 猟奇殺人捜査ファイル』

    都内で連続猟奇殺人事件発生! 警察小説の旗手・麻見和史さんによる、新シリーズ始動。

  • 朝日新聞出版の文芸書

    • 191本

    書評や文庫解説、インタビューや対談、試し読みなど、朝日新聞出版の文芸書にかかわる記事をすべてまとめています。

  • 年森瑛:連載エッセイ「バッド入っても腹は減る」

    パスタを茹でながら、キャベツを煮込みながら、一冊の本をじっくり読む――。いちばん読書がはかどるのはキッチンだ。いま再注目の新人作家による、おいしい読書日記連載スタート。毎月15日更新予定。

  • 『クリームイエローの海と春キャベツのある家』編集日記

    • 15本

    創作大賞2023(note主催) 朝日新聞出版賞受賞作『クリームイエローの海と春キャベツのある家』の著者 せやま南天さんと、担当編集者Kによる編集日記です。

  • 川添愛:連載エッセイ「パンチラインの言語学」

    文学、映画、アニメ、漫画……でひときわ印象に残る「名台詞=パンチライン」。この台詞が心に引っかかる背景には、言語学的な理由があるのかもしれない。ひとつの台詞を引用し、そこに隠れた言語学的魅力を、気鋭の言語学者・川添愛氏が解説する連載がスタート! 毎月10日に配信予定。

記事一覧

装幀を一緒に考えませんか?【クリキャベ編集日記-番外編-】

一緒に装幀を考えていただけませんか? みなさま、こんにちは。 朝日新聞出版、書籍編集部のK…

web TRIPPER
2か月前
69

年森瑛「バッド入っても腹は減る」第2回

 実家からみかんを大量にもらった。連日食べているのでなんとなく手のひらが黄色くなっている…

web TRIPPER
2か月前
27

せやまさんがこの物語で伝えたいことって何だろうか【クリキャベ編集日記-その3- 編集…

改稿の日々、著者のせやま南天さんの視点での日記はこちら 編集者Kの前回の日記はこちら 作…

web TRIPPER
2か月前
47

「とびきり甘い人生」(『チャーリーとチョコレート工場』)――川添愛「パンチライン…

 今回は『チャーリーとチョコレート工場』を取り上げる。これは私が「バレンタインシーズンだ…

web TRIPPER
2か月前
16

音を科学する魔法(前編)――李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」第21回

第21回 音を科学する魔法(前編)  伝統的な中国文学科というのはただ文学をやっていればい…

web TRIPPER
2か月前
3
装幀を一緒に考えませんか?【クリキャベ編集日記-番外編-】

装幀を一緒に考えませんか?【クリキャベ編集日記-番外編-】

一緒に装幀を考えていただけませんか?
みなさま、こんにちは。

朝日新聞出版、書籍編集部のKです。
いつも、クリキャベ編集日記を読んでいただきありがとうございます!

編集日記は「改稿編」の最中ですが、
発売日に向けていよいよ装幀を決めなければならない段階となりました。

装幀は、デザイナーさんとイラストレーターさんのお力で完成に近づいています。
デザイナーのbookwall 松昭教さん (X

もっとみる
年森瑛「バッド入っても腹は減る」第2回

年森瑛「バッド入っても腹は減る」第2回

 実家からみかんを大量にもらった。連日食べているのでなんとなく手のひらが黄色くなっている気がする。早く消費せねばと先日はパウンドケーキにしてみたが、使用した砂糖とバターの量がえげつなく、数日かけて食べていたら当然お太りあそばした。今後しばらくヘルシーにいきたい。ヘルシーヘルシー。冷蔵庫オープン。本日消費期限の合い挽き肉を発見。その下敷きになった、同じく期限スレスレの餃子の皮50枚入りも発見。
 …

もっとみる
せやまさんがこの物語で伝えたいことって何だろうか【クリキャベ編集日記-その3- 編集者K・改稿編】

せやまさんがこの物語で伝えたいことって何だろうか【クリキャベ編集日記-その3- 編集者K・改稿編】

改稿の日々、著者のせやま南天さんの視点での日記はこちら

編集者Kの前回の日記はこちら

作品のボリュームについて
 ー打ち合わせ④の前にー
最初の改稿でせやまさんにお願いしたことは、主にこの2つ。

①主人公・津麦の過去を知りたい
②字数(枚数)を増やしてほしい
(具体的には、52000字(400字詰め原稿用紙で130枚)から72000字(180枚)以上を目指す)

そして第2稿では、73500

もっとみる
「とびきり甘い人生」(『チャーリーとチョコレート工場』)――川添愛「パンチラインの言語学」第2回

「とびきり甘い人生」(『チャーリーとチョコレート工場』)――川添愛「パンチラインの言語学」第2回

 今回は『チャーリーとチョコレート工場』を取り上げる。これは私が「バレンタインシーズンだから」と気を利かせたがゆえのチョイスではなく、この連載2回目にして早くもどの作品を取り上げたらいいか分からなくなり、担当Uさんのおすすめに唯々諾々と従った結果だ。飲食店で「店長のおすすめ」ばかり注文する主体性のなさが露呈した。

 この映画、実は未見だった。2005年の公開当時は、『おそ松くん』のイヤミを彷彿と

もっとみる
音を科学する魔法(前編)――李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」第21回

音を科学する魔法(前編)――李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」第21回

第21回 音を科学する魔法(前編)

 伝統的な中国文学科というのはただ文学をやっていればいいというわけではない。修めなければならない学問分野は大きく分けて三つある。文学、哲学、そして言語学である。

 そもそも「文学」という言葉は本来、西洋で言うliteratureを指しているわけではない。『論語』には「四科十哲」とあり、「四科」とは「徳行、言語、政事、文学」という四つの科目のことだが、ここの「

もっとみる