web TRIPPER

季刊文芸誌「小説トリッパー」(3、6、9、12月発売)のweb版です。連載(小説やエッ…

web TRIPPER

季刊文芸誌「小説トリッパー」(3、6、9、12月発売)のweb版です。連載(小説やエッセイ)のほかに、朝日新聞出版発行の文芸ジャンルの単行本や文庫に関する書評やインタビュー、試し読みなども掲載していく予定です。本と出会えるサイトになればと思っています。

マガジン

  • 麻見和史『殺意の輪郭 猟奇殺人捜査ファイル』

    都内で連続猟奇殺人事件発生! 警察小説の旗手・麻見和史さんによる、新シリーズ始動。

  • 朝日新聞出版の文芸書

    • 191本

    書評や文庫解説、インタビューや対談、試し読みなど、朝日新聞出版の文芸書にかかわる記事をすべてまとめています。

  • 年森瑛:連載エッセイ「バッド入っても腹は減る」

    パスタを茹でながら、キャベツを煮込みながら、一冊の本をじっくり読む――。いちばん読書がはかどるのはキッチンだ。いま再注目の新人作家による、おいしい読書日記連載スタート。毎月15日更新予定。

  • 『クリームイエローの海と春キャベツのある家』編集日記

    • 15本

    創作大賞2023(note主催) 朝日新聞出版賞受賞作『クリームイエローの海と春キャベツのある家』の著者 せやま南天さんと、担当編集者Kによる編集日記です。

  • 川添愛:連載エッセイ「パンチラインの言語学」

    文学、映画、アニメ、漫画……でひときわ印象に残る「名台詞=パンチライン」。この台詞が心に引っかかる背景には、言語学的な理由があるのかもしれない。ひとつの台詞を引用し、そこに隠れた言語学的魅力を、気鋭の言語学者・川添愛氏が解説する連載がスタート! 毎月10日に配信予定。

記事一覧

不適切な行い

 葉真中 顕 1  雨戸を開けると、空には雲ひとつなかった。先週、地面を湿らす程度の…

web TRIPPER
2か月前
12

せやまさんとはじめてお会いした日のこと【クリキャベ編集日記-その1- 編集者K・改稿…

せやま南天さんとはじめてお会いした日のこと  ―打ち合わせ①― はじめてせやまさんにお会い…

web TRIPPER
3か月前
70

年森瑛「バッド入っても腹は減る」第1回

 長袖を重ね着して眠った夜の明くる朝、お湯が出なくなっていた。古い家に住んでいるので、…

web TRIPPER
3か月前
64

「フラッシュ・ゴードンが来てる」(『テッド』)――川添愛「パンチラインの言語学」…

 今回からweb TRIPPERで連載をさせていただくことになった。皆さんもどういう連載なのかよく…

web TRIPPER
3か月前
29

修業時代の洗礼――李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」第20回

第20回 修業時代の洗礼  私の留学先は別科日本語専修課程というところだった。  文学部や…

web TRIPPER
3か月前
7
不適切な行い

不適切な行い

 葉真中 顕



 雨戸を開けると、空には雲ひとつなかった。先週、地面を湿らす程度の雨が降ったきり、ずっと晴天が続いている。今年は例年にない空梅雨のようだ。

 朝食を済ませて、さっと歯を磨き、パジャマからスーツに着替え、身支度を調える。居間の奥の仏壇の水を替え、線香を一本取り出す。ライターで線香を焚き、仏壇の香炉に立てる。りんを鳴らし、手を合わせる。

 今日もしっかり、務めを果たし

もっとみる
せやまさんとはじめてお会いした日のこと【クリキャベ編集日記-その1- 編集者K・改稿編】

せやまさんとはじめてお会いした日のこと【クリキャベ編集日記-その1- 編集者K・改稿編】

せやま南天さんとはじめてお会いした日のこと
 ―打ち合わせ①―
はじめてせやまさんにお会いしたのは第2回note創作大賞授賞式の約3週間前。弊社の一室で打ち合わせが行われた時のこと。

私の右手には、先輩編集者のYさん、左手には文芸編集長、正面斜め左にはnoteのSさん、そして正面にはせやまさん。

最初の打ち合わせでお話したのは、書籍化を前提にした今後のスケジュールと改稿について。「作品の好きだ

もっとみる
年森瑛「バッド入っても腹は減る」第1回

年森瑛「バッド入っても腹は減る」第1回

 長袖を重ね着して眠った夜の明くる朝、お湯が出なくなっていた。古い家に住んでいるので、気温が下がると給湯器がだめになりやすいのだ。再起動したら直るときもあるが、今日は何をやっても水しか出ない。こんなことなら昨日のうちに風呂に入っておけばよかった。帰りが遅かったのでメイクだけ落として寝てしまったのである。
 何かあったかいものを食べようと、冷蔵庫からキャベツ1玉を出す。楽に作れるやつがいい。大ざっ

もっとみる
「フラッシュ・ゴードンが来てる」(『テッド』)――川添愛「パンチラインの言語学」第1回

「フラッシュ・ゴードンが来てる」(『テッド』)――川添愛「パンチラインの言語学」第1回

 今回からweb TRIPPERで連載をさせていただくことになった。皆さんもどういう連載なのかよく分からないと思うが俺も分からねえという状況だ。どうやら映画やアニメ、漫画などで印象に残る台詞(パンチライン)を言語学的に考察しなさい、という感じらしい。
 たぶんこの依頼の本来の意図は、誰でも知ってる作品の誰でも知ってる台詞、たとえば『ワンピース』の「海賊王に おれはなる!!!!」とか、『スター・ウォ

もっとみる
修業時代の洗礼――李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」第20回

修業時代の洗礼――李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」第20回

第20回 修業時代の洗礼

 私の留学先は別科日本語専修課程というところだった。

 文学部や法学部といった一般的に知られる学部・学科とは違い、別科は日本語や日本文化、日本事情の講義を開講する、もっぱら留学生を対象にした教育プログラムである。正規の教育課程であることに変わりはないが、ほとんどの日本人学生はその存在すら知らないので、「李さんは何学部ですか?」と訊かれたら、説明はかなり面倒だった。こう

もっとみる