web TRIPPER

季刊文芸誌「小説トリッパー」(3、6、9、12月発売)のweb版です。連載(小説やエッ…

web TRIPPER

季刊文芸誌「小説トリッパー」(3、6、9、12月発売)のweb版です。連載(小説やエッセイ)のほかに、朝日新聞出版発行の文芸ジャンルの単行本や文庫に関する書評やインタビュー、試し読みなども掲載していく予定です。本と出会えるサイトになればと思っています。

マガジン

  • 北尾トロ『佐伯泰英山脈登頂記』

    平成を大法する大ベストセラー作家・佐伯泰英。その膨大な著作をすべて読破してレポート。読者をひきつけてやまない魅力を全力で伝えます!

  • 朝日新聞出版の文芸書

    • 205本

    書評や文庫解説、インタビューや対談、試し読みなど、朝日新聞出版の文芸書にかかわる記事をすべてまとめています。

  • 川添愛:連載エッセイ「パンチラインの言語学」

    文学、映画、アニメ、漫画……でひときわ印象に残る「名台詞=パンチライン」。この台詞が心に引っかかる背景には、言語学的な理由があるのかもしれない。ひとつの台詞を引用し、そこに隠れた言語学的魅力を、気鋭の言語学者・川添愛氏が解説する連載がスタート! 毎月10日に配信予定。

  • 上坂あゆ美:連載エッセイ、短歌「人には人の呪いと言葉」

    喉につかえてしまった魚の小骨のように、あるいは撤去できていない不発弾のように、自分の中でのみ込みきれていない思い出や気持ちなどありませんか。あなたの「人生の呪い」に、歌人・上坂あゆ美が短歌と、エッセイでこたえます。

  • 松井玲奈『私だけの水槽』

    2024年4月19日発売の松井玲奈さん『私だけの水槽』に関する記事をまとめています。

記事一覧

【試し読み】櫻木みわさんの最新作『カサンドラのティータイム』/「この物語を必要と…

カサンドラのティータイム 1 友梨奈  照明がまぶしかった。アナベルの花が雪のようにかが…

web TRIPPER
1年前
32

※掲載終了しました※ 近々遺言状の作成を依頼されるのかとばかり思っていたんですけ…

2022年12月7日文庫版発売決定  中山七里さんの朝日新聞出版からの既刊

web TRIPPER
1年前
5

ありふれた災厄 月村了衛

 新しくオープンしたシネコンの発券機は、購入番号を何度入力してもチケットを吐き出してはく…

web TRIPPER
1年前
64

※掲載終了しました※ 「ここに父がいたなら、そうしろと言うでしょう」――中山七里…

2022年12月7日文庫版発売決定 中山七里さんの朝日新聞出版からの既刊

web TRIPPER
1年前
4

※掲載終了しました※ 特殊清掃という仕事柄、欲の皮が突っ張った遺族は幾度も見てき…

2022年12月7日文庫版発売決定 中山七里さんの朝日新聞出版からの既刊

web TRIPPER
1年前
5

※掲載終了しました※ 歳を食うと家族が鬱陶しくなるヤツもいる――中山七里「特殊清…

2022年12月7日文庫版発売決定 中山七里さんの朝日新聞出版からの既刊 ​

web TRIPPER
1年前
5
【試し読み】櫻木みわさんの最新作『カサンドラのティータイム』/「この物語を必要としていた」「心底励まされた」雑誌掲載時から共感の声が広がる話題作

【試し読み】櫻木みわさんの最新作『カサンドラのティータイム』/「この物語を必要としていた」「心底励まされた」雑誌掲載時から共感の声が広がる話題作

カサンドラのティータイム

1 友梨奈

 照明がまぶしかった。アナベルの花が雪のようにかがやいていた。北アメリカ原産の、アジサイ科の花だった。大きな霧吹きを持った美術係のスタッフが、花と葉に、水をたっぷり吹きかけている。照明の熱から守るための処置だった。花のあまい香りが濃くなった気がしたが、気のせいだったかもしれない。
 戸部友梨奈は、カメラ機材の邪魔にならないよう後方のうすぐらい壁際に立ち、照

もっとみる
ありふれた災厄 月村了衛

ありふれた災厄 月村了衛

 新しくオープンしたシネコンの発券機は、購入番号を何度入力してもチケットを吐き出してはくれなかった。

「すいません、ちょっと」

 背後を振り返った梶田義昭は、ロビーを横切ろうとしていた女性従業員に大声で呼びかけた。

「はい、どうなさいましたか」

 九〇度に近い角度で進行方向を変え、小走りに寄ってきた従業員にスマホの画面を示す。

「オンラインでチケットを購入したんですけど、何度やってもダメ

もっとみる