web TRIPPER

季刊文芸誌「小説トリッパー」(3、6、9、12月発売)のweb版です。連載(小説やエッセイ)のほかに、朝日新聞出版発行の文芸ジャンルの単行本や文庫に関する書評やインタビュー、試し読みなども掲載していく予定です。本と出会えるサイトになればと思っています。

web TRIPPER

季刊文芸誌「小説トリッパー」(3、6、9、12月発売)のweb版です。連載(小説やエッセイ)のほかに、朝日新聞出版発行の文芸ジャンルの単行本や文庫に関する書評やインタビュー、試し読みなども掲載していく予定です。本と出会えるサイトになればと思っています。

    マガジン

    • 李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」

      台湾出身の芥川賞作家・李琴峰さんによる日本語への思いを綴ったエッセイです。朝日新聞出版のPR誌「一冊の本」で連載中の内容を1カ月遅れで転載します。毎月1日に最新回を公開予定です。

    • 中山七里「特殊清掃人」

      中山七里さんによる連載小説です。毎週金曜日に最新話を公開する予定です。

    • 朝日新聞出版の文芸書

      • 54本

      書評や文庫解説、インタビューや対談、試し読みなど、朝日新聞出版の文芸書にかかわる記事をすべてまとめています。

    • 小川哲『君のクイズ』

      2022年10月7日発売の小川哲さん『君のクイズ』に関する記事をまとめています。

    • 高山羽根子「オブジェクタム/如何様」

      高山羽根子さんの朝日文庫『オブイジェクタム・如何様』に関する記事をまとめています。

    記事一覧

    愛憎とカネ勘定は別だ――中山七里「特殊清掃人」第12回

     第1回から読む  事務所に帰着した五百旗頭は照子宛ての請求書を作成し終えると、諏訪に電…

    web TRIPPER
    3か月前

    「人間って、死んだらこんな風に部品になっちゃうんですね」――中山七里「特殊清掃人…

     第1回から読む  間取りは3LDK、独身男の住まいとしては贅沢な部類に入る。調度品はど…

    web TRIPPER
    3か月前

    「人には看取られず機械に看取られる死か。あまりぞっとしない話だな」――中山七里「…

     第1回から読む    諏訪は元々のキツネ目を更に細くして抗議する。 「まあ、署では事故死…

    web TRIPPER
    3か月前

    「おカネは命の次に大切だって人もいるくらいだしね。ないよりはあった方がいい。少な…

     第1回から読む    二  腐蝕と還元     1 「誰が何と言っても一割ですよ。折角立…

    web TRIPPER
    4か月前

    バレンタインの奇跡――李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」第1回

    第1回 バレンタインの奇跡 ※最新3回分のみWEBで公開いたします。公開を終了しました。  …

    web TRIPPER
    4か月前
    愛憎とカネ勘定は別だ――中山七里「特殊清掃人」第12回

    愛憎とカネ勘定は別だ――中山七里「特殊清掃人」第12回

     第1回から読む

     事務所に帰着した五百旗頭は照子宛ての請求書を作成し終えると、諏訪に電話を入れた。

    「ついさっき当該物件の清掃を済ませたところだ」

    『お疲れ様でした』

    「浴槽の特殊清掃は何度やっても慣れることがないな」

    『ウチも同じですよ。臨場するなり吐きそうになったヤツがいました』

    「浴室だけじゃなく、リビングや寝室も鑑識が入ったんだよな」

    『事故死と判断するまでは通常の捜査です

    もっとみる
    「人間って、死んだらこんな風に部品になっちゃうんですね」――中山七里「特殊清掃人」第11回

    「人間って、死んだらこんな風に部品になっちゃうんですね」――中山七里「特殊清掃人」第11回

     第1回から読む

     間取りは3LDK、独身男の住まいとしては贅沢な部類に入る。調度品はどれも高級品揃いで、伊根の高収入が透けて見える。フローリングの床には転々と黒い飛沫痕が直線を描いている。

    「五百旗頭さん、これって」

    「警察が死体を搬出した跡だよ。歩行帯を辿ったんだろうが、不手際だな」

     何気なく周囲に視線を投げると、鑑識が採取作業をした痕跡が残っている。一応調べるべきは調べた上で事件性

    もっとみる
    「人には看取られず機械に看取られる死か。あまりぞっとしない話だな」――中山七里「特殊清掃人」第10回

    「人には看取られず機械に看取られる死か。あまりぞっとしない話だな」――中山七里「特殊清掃人」第10回

     第1回から読む

       諏訪は元々のキツネ目を更に細くして抗議する。

    「まあ、署では事故死として処理したんで、流して困るような情報も少ないんですが」

    「持病でポックリ逝くような年齢でもないんだろ」

    「四十代半ばの働き盛り。〈イネ・ライジング〉ってベンチャーを立ち上げていました」

    「若くして社長か」

    「独身を謳歌していたみたいですね。近隣住民によると、複数の女たちをとっかえひっかえしてい

    もっとみる
    「おカネは命の次に大切だって人もいるくらいだしね。ないよりはあった方がいい。少ないよりは多い方がいい。当たり前のことさ。当たり前のことを恥じなくてもいい」――中山七里「特殊清掃人」第9回

    「おカネは命の次に大切だって人もいるくらいだしね。ないよりはあった方がいい。少ないよりは多い方がいい。当たり前のことさ。当たり前のことを恥じなくてもいい」――中山七里「特殊清掃人」第9回

     第1回から読む
     

     二  腐蝕と還元

        1

    「誰が何と言っても一割ですよ。折角立地条件がいいのに、これ以上減額なんて無理無理無理」
     飯窪照子の口ぶりは一方的で、まるで取りつく島もなかった。
    「いえ、別に減額しろと言っているんじゃなくて、査定の結果次第では孤独死と片づけられない場合があると説明しているんです」
     念を押すように繰り返しているが、照子は可能性を考慮することさえ嫌がって

    もっとみる
    バレンタインの奇跡――李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」第1回

    バレンタインの奇跡――李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」第1回

    第1回 バレンタインの奇跡

    ※最新3回分のみWEBで公開いたします。公開を終了しました。 

    ※毎月1日に最新回を公開予定です。

    李琴峰さんの朝日新聞出版の本