web TRIPPER

季刊文芸誌「小説トリッパー」(3、6、9、12月発売)のweb版です。連載(小説やエッ…

web TRIPPER

季刊文芸誌「小説トリッパー」(3、6、9、12月発売)のweb版です。連載(小説やエッセイ)のほかに、朝日新聞出版発行の文芸ジャンルの単行本や文庫に関する書評やインタビュー、試し読みなども掲載していく予定です。本と出会えるサイトになればと思っています。

マガジン

  • 麻見和史『殺意の輪郭 猟奇殺人捜査ファイル』

    都内で連続猟奇殺人事件発生! 警察小説の旗手・麻見和史さんによる、新シリーズ始動。

  • 朝日新聞出版の文芸書

    • 191本

    書評や文庫解説、インタビューや対談、試し読みなど、朝日新聞出版の文芸書にかかわる記事をすべてまとめています。

  • 年森瑛:連載エッセイ「バッド入っても腹は減る」

    パスタを茹でながら、キャベツを煮込みながら、一冊の本をじっくり読む――。いちばん読書がはかどるのはキッチンだ。いま再注目の新人作家による、おいしい読書日記連載スタート。毎月15日更新予定。

  • 『クリームイエローの海と春キャベツのある家』編集日記

    • 15本

    創作大賞2023(note主催) 朝日新聞出版賞受賞作『クリームイエローの海と春キャベツのある家』の著者 せやま南天さんと、担当編集者Kによる編集日記です。

  • 川添愛:連載エッセイ「パンチラインの言語学」

    文学、映画、アニメ、漫画……でひときわ印象に残る「名台詞=パンチライン」。この台詞が心に引っかかる背景には、言語学的な理由があるのかもしれない。ひとつの台詞を引用し、そこに隠れた言語学的魅力を、気鋭の言語学者・川添愛氏が解説する連載がスタート! 毎月10日に配信予定。

記事一覧

鬼火 鳴神響一

     【1】  石造りの建物のなかは陰うつな蛍光灯の明かりで照らされていて湿っ…

web TRIPPER
5か月前
28

新宿、ガラケー、円高――李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」第18回

公開を終了しました。最新三回分を公開しています。 ※毎月1日に最新回を公開予定です。 李…

web TRIPPER
5か月前
8
鬼火 鳴神響一

鬼火 鳴神響一



    

【1】



 石造りの建物のなかは陰うつな蛍光灯の明かりで照らされていて湿っぽかった。一〇〇年以上は経っていそうな古めかしく陰気な警察署内だった。鉄格子の向こうには隣接するワイナリーを取り巻く明るい緑の森が見えている。
「小僧たち、いい加減に観念しろ。おまえたちは麻薬の密売人なんだ。一生刑務所暮らしは覚悟するんだな」
 訛りの強い英語が響いた。
 黒い制服を着た痩せぎすの中年

もっとみる
新宿、ガラケー、円高――李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」第18回

新宿、ガラケー、円高――李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」第18回

公開を終了しました。最新三回分を公開しています。

※毎月1日に最新回を公開予定です。

李琴峰さんの朝日新聞出版の本

【好評3刷】生を祝う