web TRIPPER

季刊文芸誌「小説トリッパー」(3、6、9、12月発売)のweb版です。連載(小説やエッ…

web TRIPPER

季刊文芸誌「小説トリッパー」(3、6、9、12月発売)のweb版です。連載(小説やエッセイ)のほかに、朝日新聞出版発行の文芸ジャンルの単行本や文庫に関する書評やインタビュー、試し読みなども掲載していく予定です。本と出会えるサイトになればと思っています。

マガジン

  • 『クリームイエローの海と春キャベツのある家』編集日記

    • 6本

    第2回note創作大賞 朝日新聞出版賞受賞作『クリームイエローの海と春キャベツのある家』の著者 せやま南天さんと、担当編集者Kによる編集日記です。

  • 朝日新聞出版の文芸書

    • 175本

    書評や文庫解説、インタビューや対談、試し読みなど、朝日新聞出版の文芸書にかかわる記事をすべてまとめています。

  • 年森瑛:連載エッセイ「バッド入っても腹は減る」

    パスタを茹でながら、キャベツを煮込みながら、一冊の本をじっくり読む――。いちばん読書がはかどるのはキッチンだ。いま再注目の新人作家による、おいしい読書日記連載スタート。毎月15日更新予定。

  • 川添愛:連載エッセイ「パンチラインの言語学」

    文学、映画、アニメ、漫画……でひときわ印象に残る「名台詞=パンチライン」。この台詞が心に引っかかる背景には、言語学的な理由があるのかもしれない。ひとつの台詞を引用し、そこに隠れた言語学的魅力を、気鋭の言語学者・川添愛氏が解説する連載がスタート! 毎月10日に配信予定。

  • 李琴峰:連載エッセイ「日本語からの祝福、日本語への祝福」

    台湾出身の芥川賞作家・李琴峰さんによる日本語への思いを綴ったエッセイです。朝日新聞出版のPR誌「一冊の本」で連載中の内容を1カ月遅れで転載します。毎月1日に最新回を公開予定です。

記事一覧

アイス・クイーンの異名を持つ、警視庁監察官・小田垣観月。その知られざる大学時代の…

一  平成十六年(二〇〇四年)は、アテネ・オリンピックが開催された年だった。水泳金メダリ…

web TRIPPER
1年前
6

※掲載終了しました※ 連司郎の死を望む者が、カルシウム拮抗薬を彼の手の届かぬ場所…

     2022年12月7日文庫本発売決定 中山七里さんの朝日新聞出版からの既刊

web TRIPPER
1年前
5

愛憎入り交じる外来語――李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」第6回

第6回 愛憎入り交じる外来語 最新3回分のみWEBで公開いたします。公開を終了しました。  …

web TRIPPER
1年前
3
アイス・クイーンの異名を持つ、警視庁監察官・小田垣観月。その知られざる大学時代の素顔が明らかに! 鈴峯紅也「警視庁監察官Q ZERO」第1回※試し読み

アイス・クイーンの異名を持つ、警視庁監察官・小田垣観月。その知られざる大学時代の素顔が明らかに! 鈴峯紅也「警視庁監察官Q ZERO」第1回※試し読み



 平成十六年(二〇〇四年)は、アテネ・オリンピックが開催された年だった。水泳金メダリストの「チョー気持ちいい」は後日、ユーキャンの流行語大賞の年間大賞にもなる。
 
 総じて、世相としてこの平成十六年は、平和裏に過ぎた一年、ということになるだろうか。

 イラク戦争初期の頃でもあり、ワールドワイドには中東に不穏の種は尽きなかったが、日本国内は悲喜こもごも、幸不幸の泣き笑いが実に平均的な年だっ

もっとみる
愛憎入り交じる外来語――李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」第6回

愛憎入り交じる外来語――李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」第6回

第6回 愛憎入り交じる外来語

最新3回分のみWEBで公開いたします。公開を終了しました。

 

※毎月1日に最新回を公開予定です。

李琴峰さんの朝日新聞出版の本

【好評3刷!!】生を祝う