web TRIPPER

季刊文芸誌「小説トリッパー」(3、6、9、12月発売)のweb版です。連載(小説やエッセイ)のほかに、朝日新聞出版発行の文芸ジャンルの単行本や文庫に関する書評やインタビュー、試し読みなども掲載していく予定です。本と出会えるサイトになればと思っています。

web TRIPPER

季刊文芸誌「小説トリッパー」(3、6、9、12月発売)のweb版です。連載(小説やエッセイ)のほかに、朝日新聞出版発行の文芸ジャンルの単行本や文庫に関する書評やインタビュー、試し読みなども掲載していく予定です。本と出会えるサイトになればと思っています。

    マガジン

    • 李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」

      台湾出身の芥川賞作家・李琴峰さんによる日本語への思いを綴ったエッセイです。朝日新聞出版のPR誌「一冊の本」で連載中の内容を1カ月遅れで転載します。毎月1日に最新回を公開予定です。

    • 中山七里「特殊清掃人」

      中山七里さんによる連載小説です。毎週金曜日に最新話を公開する予定です。

    • 朝日新聞出版の文芸書

      • 54本

      書評や文庫解説、インタビューや対談、試し読みなど、朝日新聞出版の文芸書にかかわる記事をすべてまとめています。

    • 小川哲『君のクイズ』

      2022年10月7日発売の小川哲さん『君のクイズ』に関する記事をまとめています。

    • 高山羽根子「オブジェクタム/如何様」

      高山羽根子さんの朝日文庫『オブイジェクタム・如何様』に関する記事をまとめています。

    記事一覧

    日本語って難しいでしょ?――李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」第5回

    台湾出身の芥川賞作家・李琴峰さんによる日本語との出会い、その魅力、習得の過程などが綴られ…

    web TRIPPER
    19時間前

    あいつがどんな最期を迎えたのか――中山七里「特殊清掃人」第26回

    第1回から読む     久しぶり、と彼女は何事もなかったかのように言う。 「仕事の邪魔して…

    web TRIPPER
    1日前

    迷っている時は人に訊け。そいつの回答を期待するとか参考にしようとかじゃねえ。口に…

    第1回から読む    4  結局、川島の形見分けに応じたのは両親と松崎、そして加治木だけ…

    web TRIPPER
    8日前

    できるだけ多くの人に聴いてほしいってのが、音楽をやっている人間の願いなんだろ――…

    第1回から読む  だとすれば、川島が作曲したと思われる『真夜中に叫べ』盗作疑惑については…

    web TRIPPER
    2週間前

    直木賞作家・辻村深月著『傲慢と善良』書評まとめ

    評者・立花ももさん「ダ・ヴィンチ」(2019年4月号:デビュー15周年記念 辻村深月特集)…

    web TRIPPER
    3週間前

    瑠斗の思い出を多くの人が持っていてくれるんですもの。母親としてこれほど嬉しいこと…

    第1回から読む  スマートフォンで彼の電話番号を呼び出す。話すのは十余年ぶりだ。    四…

    web TRIPPER
    3週間前
    日本語って難しいでしょ?――李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」第5回

    日本語って難しいでしょ?――李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」第5回

    台湾出身の芥川賞作家・李琴峰さんによる日本語との出会い、その魅力、習得の過程などが綴られるエッセイです。

    第5回 日本語って難しいでしょ?

    「日本語って難しいでしょ?」

     日本語母語話者から幾度となく訊かれた質問である。何回訊かれても返答に困る質問でもある。

     私は性格が悪いから、この手の質問にはどうしても「難しい日本語をよく習得したね、褒めてやる」という上から目線の賞賛と、「難しい言語を

    もっとみる
    あいつがどんな最期を迎えたのか――中山七里「特殊清掃人」第26回

    あいつがどんな最期を迎えたのか――中山七里「特殊清掃人」第26回

    第1回から読む

      
     久しぶり、と彼女は何事もなかったかのように言う。

    「仕事の邪魔してごめん。今、いいかな」

     いきなりの出現に白井は言葉を失う。慌てて五百旗頭を見ると、さっさと行ってこいと言わんばかりに手を払われた。

     美香とともに事務所を出る。さっきまでの怒りは突発事で麻痺していた。

    「元気してた?」

    「何とか生きてる」

    「あんたが真っ当な勤め人かあ」

    「厭味かよ」

    「逆

    もっとみる
    迷っている時は人に訊け。そいつの回答を期待するとか参考にしようとかじゃねえ。口にすることで整理できるってのが一番の利点なんだ――中山七里「特殊清掃人」第25回

    迷っている時は人に訊け。そいつの回答を期待するとか参考にしようとかじゃねえ。口にすることで整理できるってのが一番の利点なんだ――中山七里「特殊清掃人」第25回

    第1回から読む

       4

     結局、川島の形見分けに応じたのは両親と松崎、そして加治木だけだった。遺品整理を担う白井としては、これほど楽な話もない。

     問題は近辺を探っても、川島の曲が美香に流れた形跡がどこにも見当たらないことだ。

    『真夜中に叫べ』は間違いなく『change up!』の盗作だ。だが、『change up!』が美香の側に流れた経緯が立証できない限り、単にメロディが酷似していると

    もっとみる
    できるだけ多くの人に聴いてほしいってのが、音楽をやっている人間の願いなんだろ――中山七里「特殊清掃人」第24回

    できるだけ多くの人に聴いてほしいってのが、音楽をやっている人間の願いなんだろ――中山七里「特殊清掃人」第24回

    第1回から読む

     だとすれば、川島が作曲したと思われる『真夜中に叫べ』盗作疑惑については、まだ知らせない方が無難だろう。川島の才能と思いの詰まった曲が、他人の名義で30万人にもダウンロードされている。その事実を知ったら、貴代はどれだけ怒り、そして美香や〈KITOO RECORDS〉を憎むことか。事によると事務所に殴り込むか、いきなり訴訟に及ぶことも充分考えられる。

     まだだ。

     怒るのも嘆く

    もっとみる
    直木賞作家・辻村深月著『傲慢と善良』書評まとめ

    直木賞作家・辻村深月著『傲慢と善良』書評まとめ

    評者・立花ももさん「ダ・ヴィンチ」(2019年4月号:デビュー15周年記念 辻村深月特集)

    評者・大森望さん「週刊新潮」(2019年4月11日号)

    評者・池上冬樹さん「日経新聞」(2019年4月27日)

    書評「夕刊フジ」(2019年5月11日掲載)

    インタビュー「好書好日」(聞き手・瀧井朝世さん)

    インタビュー「週刊朝日」(聞き手・仲宇佐ゆりさん)

    インタビュー「毎日新聞」(聞き手・内

    もっとみる
    瑠斗の思い出を多くの人が持っていてくれるんですもの。母親としてこれほど嬉しいことはないわ――中山七里「特殊清掃人」第23回

    瑠斗の思い出を多くの人が持っていてくれるんですもの。母親としてこれほど嬉しいことはないわ――中山七里「特殊清掃人」第23回

    第1回から読む

     スマートフォンで彼の電話番号を呼び出す。話すのは十余年ぶりだ。
     
     四度目のコールで相手が出た。

    『白井か。えらく久しぶりだな』

     松崎の声は以前のまま少しも変わりなかった。

    「元気だったか」

    『何とかな。それより用件は何だ。かれこれ十年ぶりの電話で宗教の勧誘の話なら今すぐ叩っ切る』

    「川島の消息を知っているか」

    『いいや。お前と同様、十年以上も音沙汰がない。あい

    もっとみる