マガジンのカバー画像

李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」

6
台湾出身の芥川賞作家・李琴峰さんによる日本語への思いを綴ったエッセイです。朝日新聞出版のPR誌「一冊の本」で連載中の内容を1カ月遅れで転載します。毎月1日に最新回を公開予定です。
運営しているクリエイター

2022年9月の記事一覧

私だけのオアシス――李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」第4回

私だけのオアシス――李琴峰「日本語からの祝福、日本語への祝福」第4回

台湾出身の芥川賞作家・李琴峰さんによる日本語との出会い、その魅力、習得の過程などが綴られるエッセイです。

第4回 私だけのオアシス

 物心ついた時から日本のアニメや漫画、ゲームが身近にあったとはいえ、日本語を勉強してみようという発想は特になかった。それは考えれば当たり前のことで、中華料理が好きな人なら誰でも中国語に興味を抱くわけではないし、オペラを嗜む人はみなイタリア語を身につけたいと思うわけ

もっとみる